「クリミナル・マインド FBI vs. 異常犯罪」全力プレゼン【ネタバレなしレビュー】

海外ドラマ

こんにちは!
夢見がちリアリストの本宮ゆに(@yu2_motomiya)です。

今回は「全力プレゼン」シリーズ第1弾です!(第2弾はあるのか…?)

そう、オタクお得意の、プレゼンです。

ゆに
ゆに

クリマイ気になるけど、もう少し踏み込んだ感想が聞きたい!
できれば、ネタバレなしで!!

そんな期待に応えるべく、安心安全のネタバレなしでお送りします。

スポンサーリンク

言うてお前どれくらいクリマイのこと好きなの?

マウントを取るつもりは1ミリもありませんが参考までに載せておきます。愛情持って書いてますよ~のアピールです。

  • 2018年9月現在、S12まで視聴済み
  • S9までは吹替2回・字幕2回の計4回ずつ視聴済み
  • 最新シーズンは見放題化を待たず課金してでも見る

さすがに4回目となると、サブタイトルを見ただけでどんな事件でどんな犯人だったか完全に把握できるくらいになりました(逆に事件からサブタイトルが言えるエピソードもある)。

今は新規開拓に勤しんでいますが、ふとしたときにお気に入りのエピソードだけ作業BGMにしたりします。未見の状態に戻りたい。皆さんが羨ましい。

ちなみに私の推し(?)はチームリーダーのホッチです。

スポンサーリンク

クリマイ大好き人間が語るクリマイがおすすめな理由5点

語りだすとどうしても長くなるのでポイントは少なくまとめてみました。

  1. プロファイリングでパズルのピースがハマる快感
  2. 程よいアクションと残虐さ
  3. 個性豊かなキャラクターで深みにハマる
  4. プロファイリングもどきができるようになる
  5. CV.森久保祥太郎さん

順番に軽くご紹介します。

プロファイリングでパズルのピースがハマる快感

みんな大好きFBIモノですが、これは少し趣向が違います。基本的に取り扱うのは「シリアルキラー(連続殺人犯)」なので、国家の危機云々というよりは、残虐な事件が多いです。

「なぜこの場所・このタイミング・この被害者が狙われたのか」という被害者学や膨大な統計学データから犯人へ迫ったり、容疑者が逃走した際プロファイルした犯人像から次の行動を予測したりする展開は、パズルが1つ1つ埋まっていくような快感があります。

私は特にS1の1話・2話を見たときの衝撃が忘れられません。ゾクゾクしました。

程よいアクションと残虐さ

プロファイリングが主軸なので、「事件は会議室で起きてるんじゃない!」と青島刑事に怒られるようなアカデミックなドラマか…?と思いきや、クライマックスには大抵アクションが挟まれます。最後だいたい拳銃抜いてます。

このアクションの度合いや比率が好みかどうかって、連続ドラマをこのまま視聴継続するかで結構重要なポイントになりますよね。個人的には絶妙な塩梅で非常に満足しています。ていうかこの人たちはこんなに頭がいいのに現場に出て戦闘もできるのか。すごいな。

また、グロテスクな描写はそんなにありませんが、事件の残虐性は高いです。ぐちゃぐちゃの死体の映像とか、私はあまり得意ではないので、映像や画像でグロテスクな情報が入ってこないのはとても助かります。

ですが犯人は女性や子どもを餌食にしたり、死体をバラバラにしたり、過剰殺傷するような異常な人たちばかりです。異常者やグロテスクな概念そのものが苦手な方には向かないかも。

個性豊かなキャラクターで深みにハマる

堅物リーダーやドアキックマン、最年少の天才(よくしゃべるので吹替で見るとおもしろいです)等チームメンバーの個性がとても豊かで、回を追うごとに彼らのつながりがより強固になっていくのも魅力の一つ。

1話完結の中の要所要所に、メンバーそれぞれがキーになるエピソードが差し込まれるのですが、彼らに愛着を持っていると危機的状況にヒヤヒヤしたり、幸せそうなメンバーに心の底から祝福をあげたくなるような、気合いの入った脚本が多いです。中にはキャスト自身が脚本や監督をつとめた回もあるんですよ。

シーズンを追うとプロファイリング作業は比較的テンプレート化してくるので、最近はメンバーの成長ぶりやこの核のエピソードを特に楽しみにして見ている感じです。

プロファイリングもどきができるようになる

日本の物騒なニュースを見ると、簡単にですがプロファイリングする癖がついてしまいました。

凶悪事件のニュースが流れ「なんでこんなことするんだろう…信じられない…」という母に「自分でもその衝動を止められないんだよ…」とぼそりと呟いたり、放火のニュースを見るたびに「絶対に犯人は現場に戻るぞ」って思ったり。

最近「ドラマの世界だけじゃないんだなぁ」と思ったのは、「別件の軽犯罪の逮捕者が重大事件の犯人だった」というパターン。ニュースをみていると、意外に多いなぁという印象です。

CV.森久保祥太郎さん

分かる人には分かる。これ、オタク的には最高だと思います。

ちなみに配役は先述した「よくしゃべる天才」です。多分今までの役で一番喋ってるんじゃないか?

アニオタは吹き替えをおすすめするぞ。もりくぼーん!

スポンサーリンク

まとめ:クリマイが気になったあなたは今すぐチェック!

とりあえず、シーズン1の1話2話だけでも見て欲しい…!

そして「あ、もういいかな」と思うまで見続けて欲しい…!

FBI等の特殊機関が活躍するドラマの中でもアカデミックな作品です。ぜひ!

数あるVODサービス(月額制見放題)の中でどのサービスを選んだらいいかについては、以下の記事をご参考ください。