オタクがデブになって実感した7つの不便なこと

マインドについて

わけあって3年で30キロ弱太りました。本宮ゆに(@yu2_motomiya)です。

釣りではありません。ガチです。ふはは。(笑えない)

決定的なきっかけは新卒入社した会社を退職せざるを得なくなったうつ病中の不眠症でした。現在はもう完治したのですが、如何せんとんでもない体重になってしまったので「どうにでもなれ」と自暴自棄になっていたのだと思います。ぶっちゃけ最後の10キロとか誤差です誤差。

私は太っていることを表す言葉は、たとえ自虐でも使いたくないという謎のプライドがありました。しかし、今自分の姿があまりにも醜いので、自分を奮い立たせるために使います。

デブです。(あまりにも悲しい)

モデルさんやスタイルいい人が「私デブだから~><」とかいう謙遜や高いレベルのもんじゃないです。ただのデブです。

今回は自分への戒めも込めて、太って困ったことを列挙していきたいと思います。ダイエットにくじけそうになったら、このページに戻って来て自分を奮い立たせたいと思います。恥を忍んで書くよ。

スポンサーリンク

「大きいサイズのお店」でしか洋服が買えない

いやもう本当これ。

ユニクロのXLで何とかならなくなってしまった。ユニクロは庶民の味方ではあるけれどデブの味方ではないらしい。つらい。いや太った私が悪いんだけども。

今となってはオシャレになったユニクロを後目に、「大きいサイズ」と書かれたお店に入る自分。ショッピングセンターや専門店街にだいたい1軒くらい入ってるやつ。あるよね。

お店の店員さんが小柄で細いと、むっちゃ緊張するよね。店員さんが話しかけてくる率は、通常のショップに比べてほぼゼロに近いけれども。毎回ビクビクしながら会計や試着を頼むけど、今のところ皆さん普通に接してくれる…人権を認めてくれてありがとう…。

東京に住んでいた頃は、マルイの大きいサイズコーナーへよく足を運んでいました。やはりそれなりの値段を出せば、綺麗なシルエットのもの、下手すれば着やせも期待できるような素敵なお洋服に出会えますからね。(デブの癖にシルエットにこだわるのか?と言われればそれまでですが、当時はここまで太っていなかったので)

主に冬物、特にコートは必ず百貨店を利用していました。いいもの・定番モノは長く使おうの精神です。ノーカラーコートがとてもお気に入りだったんだけど、今あれ着れるのかな…私…。

現在は、引きこもりではないけれど基本的に人と一緒に出掛けないので、外出用のいわゆる「オシャレ着」の出番もなく、足が遠のいているのが現状です。

スポンサーリンク

夏、とても暑い。

みんなどうしてそんな涼しい顔してるの???

あ、外は勿論誰でも暑いですよね。私が暑いのは職場の事務所。すなわち冷房が効いた空間です。少し前に「28度設定が環境に配慮した温度?それテキトーに決めたやつだから熱中症になるよ」みたいなニュースがあってドン引きした覚えがありますが、まさにそんな感じ。

26度で。

わっ…私の職場のエアコン10年モノらしいから、古くてガタが来てるのかな…!?もしくは全然掃除してないらしいからフィルターに埃が詰まっていて効きが悪いのかな…!?

夜もエアコンなしじゃ寝られません。おやすみタイマー? タイマー切れた瞬間に暑くて起きるわ。つらい。

スポンサーリンク

動くとすぐに息が上がる

運動とか論外。あくまで私生活の領域での話。

「少し急げば最適乗り換えルートで行ける!」ってときに、ちょっと速足でコンコースとホームへの階段上るじゃん?

立ち眩み起こして吐きそうになって電車見送るオチ。(しかも3本)

まさに本末転倒…もう無理はしないと決めた…無理しません痩せるまでは…つらい。

あと、すっかり国民的ソングになったDA PUMPさんの「U.S.A」あるじゃないですか。※ちなみに私はハロプロコールが癖になってしまいました

これね、サビのいいねダンスを1フレーズやたら家で再起不能になったよね。(家で踊るのかという突っ込みはナシで)

ISSAさんこれ踊りながら声ぶれないとか化け物…? 「If…」がドンピシャの世代なので歌唱力は知ってたけど、踊ってもぶれないのすごすぎるよ…ふぇ…。

スポンサーリンク

体育座りがしんどいというか、無理。

これほんまショック。(思わず関西弁に)

座り込む(お尻はつけない)だとお腹の肉が邪魔になってな…地べたにどっかり座らないとしんどいからすぐにどっかりしてしまう…(´・ω・`)

体育座りに至ってはしんどいどころか厳しいかもしれない…後ろにゴロンてなりそうになる…だるまかよ…つらい…。

スポンサーリンク

靴がすぐに潰れる

これを見よ。

陥没。

身長は結構あるんだけど、足やシルエットが綺麗に見えるので、まわりが気にしなければそれなりにヒールは履くタイプでした。

…まぁ、やめたよね。ていうか高いヒール履いて長距離歩くと足がしぬ。この巨体を支える足がしぬ。

安い靴ばかり履いているからかもしれないけれど、でも怖くて高い靴なんて履けないよ…(´;ω;`)ブワッ

お金持ちの従弟がヴィトンのスニーカーとか履いてるけど、ここまで太る前からよく靴を潰していた私からしたら信じられないよ…

スポンサーリンク

イベントで肩身が狭い(物理)

精神的には勿論なんだけど、普通に狭い。パイプ椅子とかだと運営を恨むレベル。それ以上に私を恨んでいるのは運悪くお隣になってしまった人たちだと思うけれども。

仲のいい友達が、Twitterで「隣が関取でしんどい」とか呟いてるの見ると、ぐさりと来るよね。

最近は声優さんや2.5次元俳優さんの接近戦もジャンル外であまりないからいいけれど、ぶっちゃけ今のままじゃ推しができても会いにいけないよ…(´;ω;`)ブワッ

電車もそうだけど、肩をすくませて座るしかないよね。そんで、反対のガラスに映る自分の肩幅(というか全体的な容量)の大きさに絶望するやつ。

もう人様に迷惑かけてるんやなってこれ書きながら思い始めました…あかんわ…。

スポンサーリンク

人に会えない

これ一番ショック。っていうか、私生活どころか「人生に」支障が出てる。

基本的に一人で行動することが多くなってしまいましたが(イベントも旅行も平気で一人で行きます)、そんな私がいま交友関係を保てているのは以下のような人たちだけです。

  • 家族、一部の親戚
  • 病気の詳細を知っている仲のいい友達
  • 今の体型になってから初めましてした人

これくらいです。

人とのコミュニケーションは好きなので、とても不満です。元々交友関係は「狭く深く」がモットーでしたが、仲がいいけど病気の詳細を喋っていない友達だっています!!!!てか病気のこと知っててもこんだけ太ったの言えなくて会えてない人の方が多いです!!!!

非常に、非常に、つらい…ただでさえ友達少ないのに…「久々に会わない?」「忘年会するけど来れる~?」って誘ってくれる人に対して、しぬほど行きたいのに行けない…。人はこうして引きこもりになっていくのか…。

スポンサーリンク

まとめ:パーソナルジムに行きたいのでお金を貯めます

もう自分ではどうしようもないので、ジムに通います。(リバウンドは痩せてから心配する)

といっても、実はすでに会員制のジムの会員を2年やっているのですが、ほぼ幽霊会員\(^o^)/
とっととやめなければと思いつつ、「やめたら通わないから痩せられない」という支離滅裂思考でした。やめなくても通わないなら変わらないだろうに…。

そんなわけで、お金を貯めて、ライザップで有名になった「パーソナルジム」を目指します。短期集中。

「とにかく結果を出させてください」とトレーナーさんに頼もう。この2年ドブに捨てている1万円の会費を、しっかり退会して貯金すれば2年以内には通い出せるはず。( )

さっそく退会申請へ行ってまいります…! 幸いにも私が住んでいるエリアには、ライザップ以外にも複数のパーソナルジムがあるようなので、ジム選びも、ジム費貯金も(笑)ブログで記録ができたらいいなと思っています。

2019/07/11追記

この後、幽霊会員していたジムは無事に退会完了しました。
2019年4月の健康診断でとんでもない数値が出て、それでも2ヶ月ダラダラして、2019年6月から暴飲暴食をやめ主食抜きの生活を初めてもうじき1ヶ月。
そろそろプロの力を借りるときかも。またダイエットエントリー書きますね。