ソシャゲで「後悔する課金」をしないためのマインドハック

ソシャゲ

こんにちは、本宮ゆに(@yu2_motomiya)です。

皆さん、ソシャゲのガチャで爆死したことありませんか?私はあります。(真顔)

当時本当に後悔しましたし、正直記憶があまりありません。きっとアドレナリンがドバドバ出てめちゃくちゃ興奮していたんだと思います。(爆死し続けているのに)(ドM疑惑)

でもオタクとしては、ソシャゲに推しジャンルやキャラがいれば課金とはうまく付き合っていかなければならないですよね。私も「課金をやめたい」とまでは思わないのですが、「後悔する課金はやめたい」と思っており、先ほどあげた爆死以来、自分の精神をうまくコントロールするように工夫しています。

この記事では、後悔する課金をしないために、私が実際に行っていることを紹介したいと思います。

「課金しているけど後悔ないよ!最高!」「月収溶かしたけど全然気にしてないよ!」って人向けの記事ではありません。少額であろうと高額であろうと、後から後悔してしまいがちな人向けの記事です。

ソシャゲ課金で後悔しない方法は「自問自答」すること

つまり、「課金する前に一度冷静になって、自分にとってそれが後悔しない課金なのか否かを確認する」ということですね。

え?そんな当たり前のこと?と思う人もいると思うのですが、そんな人はガチャで推しが出ずに追い課金する際、どんな精神状態なのかを思い出してみてください。

勢いの追い課金中は依存症の精神状態になる

  • もう11連だけ!
  • あと1万円分だけ石を追加するぞ
  • 次は…次こそは…出るかもしれない…!

これらの思考は、ガチャで推しが出ず追い課金するときにはありがちだと思うのですが、これってもはやギャンブルですよね。

  • もう1レースだけ!
  • あと1万円つっこむぞ!!
  • 次は…次こそは…勝てるかもしれない…!

もう、まんまですよね。うり二つです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

私はギャンブルを嗜まないので、今まで自分とは無縁の遠い世界のことだと思っていました。しかし自分のこの思考に気づいたとき、サーッと血の気が引きました…。

特に短時間にグワーッとガチャを引きまくってしまう私のような人は要注意です。

1つ1つの課金を意識して決済するのが後悔を避ける秘訣

ギャンブル思考に入ると脳内に快楽ホルモンのドーパミンの分泌されて、勢いのままに追い課金してしまいます。私にも「こうしよう」という意思決定のもと課金したという記憶があまりありません。(課金した事実の記憶がないというわけではないです)

私はとにかくこの「(記憶に残らない)勢いだけで課金する」という状態をどうにかしたくて仕方ありませんでした。そこで、すべての課金をする前に、5つのことについて自問自答することにしました。

私が課金で後悔しないために行っている5つの自問自答

石ショップへ行きTouch IDで決済する前に、必ず以下の5つの質問を自分へ投げつけます。

  1. この課金をしても1枚も出ないかもしれない、それでもいい?
  2. この課金をしても完凸できないかもしれない、それでもいい?
  3. すでに今月●万円課金している、それでもいい?
  4. データ消失するかも、それでもいい?
  5. このキャラを得る/完凸して得るものは何?

それぞれに狙いがあるので、順番に深掘りします。

たとえ100万円課金しても、目当てが出ない可能性がある

課金額が膨らんでくると、「これだけつぎ込んだんだからさすがに次は当たるだろう」という謎の自信が湧いてきたりしますが、幻想です。

天井があるガチャは例外ですが、基本的にガチャは1度引くたびに確率がリセットされますので、「引けば引くほどはずれくじが少なくなり、当たりやすくなる」という理論は通用しません。

つまり絶望的に運が悪かった場合、普通のガチャでは当たらない人は100万円かけても1000万円かけても当たらない場合があるってことです。地獄ですね…手持ちのSSRたちがいかに奇跡的な確率で手元へ来てくれたのかを考えると、たとえ推しでなくても愛おしい…

だから私は自分に問いかけます。

この課金をしても1枚も出ないかもしれない、それでもいい?

たとえ100万円課金しても、完凸できない可能性がある

これも、その1の考え方と同じです。同じカード5枚で完凸できるゲームだとしましょう。以下のようなことが起きた場合、あなたは後悔せずにいられるでしょうか?

あなたは奇跡のような確率を引き寄せ、運よく限定カードを4枚引き当てカード強化してきました。あと1枚で完凸ですが、最後の1枚がなかなか出てきてくれません。
何万円、何十万円と追加で課金しても、出ません。

それまでに4枚も出てきてくれているわけなので、あと1枚くらいどうにかなると思いたくもなります。しかし、あなたが4枚出すために課金してきた金額を同じようにかけても、同様に4枚出る保証はおろか、1枚すら当たらない可能性もあるんです。理由はその1で説明した通り。

ゆに
ゆに

まって…完凸できないなら1枚でよかった…

と頭を抱えたことが私もあります。スキルや手持ちのカード次第で「完凸じゃないと戦力にならない」みたいなこともありますし。だから、私は自分に問いかけます。

この課金をしても完凸できないかもしれない、それでもいい?

スポンサーリンク

今月課金にいくら使っているのかきっちり把握する

今買おうとしている石で今月いくらの出費になるか正確に言えますか?今この瞬間マジになっているガチャ以外に課金はしていませんか?なんなら別のゲームに課金していませんか?ということです。クレカの明細、携帯電話料金の明細、買ってきたギフトカードの山、何でもいいので確認しましょう。

なんとなく「めちゃくちゃ課金している」という認識だと、私のようにこんなメールが送られてきて途方に暮れることになります。

これが架空請求メールならよかった…w

正直途中から「出費を数えるなんてナンセンス」「怖くて数えられない」という気持ちにもなってきますが…後で後悔するのは自分なので、私はその決済ボタンを押す前に一度現実を見ます。

すでに今月●万円課金している、それでもいい?

ソシャゲの課金は基本「データ」への課金である

推しは生きてる?わかります。分かった上で言います。データなのです。(今ここで「データは嘘をつかないよ」と反論したくなった人はあとで体育館裏に来なさい。最高か)

まれに特典で「リアルカード」とか送られてくると、プラスチックでできたカード1枚なのにめちゃくちゃ嬉しいことない?という余談は置いておきーの…

「データに金払うなんて」と馬鹿にしたいわけではなくて、事実を受け止めた上で課金してほしいというだけです。

  • 引継ぎコードを確認していなかったのにスマホを水没させてしまったら?
  • 引継ぎコードはスクショのみでそのデータも水没していたら?(クラウドサービス等で数か所での保存を強くおススメします)
  • そもそもゲームがサービス終了してしまったら?

超人気サービスで現状潤っていても油断はできません。ゲーム依存症が病気認定されたりと社会問題化する中で、ソーシャルゲーム界隈に不利な法律が施行されたりなんかしたら一発でアウトです。今も未成年者は一定金額までの課金しかできませんよね。

スクショや画面録画は残せても、買い切りの据え置きゲームと違ってサービス終了したらプレイすることはできない、という事実は、ソシャゲに時間やお金を使うのであれば常に頭に置いておきたい事実です。「データが万一消えても後悔しない」という納得した上での課金が重要になります。

データ消失するかも、それでもいい?

お目当てを手に入れたその先にあるものを見極める

なんだかだんだん哲学みたいになってきましたが…あなたが「そこまでしてお目当てのカードを手に入れる理由」をもう一度考えてみてください。

  • 推しだから完凸させて愛でたい!
  • 衣装が手に入ればいいから、1枚でOK
  • 青属性が弱いから、2凸以上のスコアアップスキルが欲しい
  • このスキルは完凸しないとユニット入りしないから、1枚or完凸

今までの質問はすべて「そのカードが欲しい前提」でしてきましたが、ここで「そのカードが欲しい理由」を改めて考え直すわけです。

繰り返しになりますが、課金の勢いがのってくると冷静に考える余裕がなくなります。

上記は一例ですが、「カードが欲しいあなたの理由」と「今課金しようとしている金額」のつり合いがとれているかを考えなおすと、失敗を最小限にできます。

私は過去に「完凸しないとユニットに組み込めないスキルの2推し」を無計画で完凸しようとイベントを走り始めたために、「完凸は絶望的だけど3凸は余裕」の位置でイベント終了になった経験があります。なかなか順位が上がらないので焦り、ガチャの追い課金と同じようにむきになって石を割りました。

あまりに順位が上がらないのでそのイベントでは初めてポイント計算等を行ったところ、完凸は絶望的だったので途中から諦めました。とはいえ、「3凸は余裕」レベルまで無駄に石を割ってしまったのでかなり後悔しています。

計画を立てなかった私の落ち度ですが、早めに「完凸か、できないなら1枚でOK」という目的を思い出していれば避けられた課金だったなと思っています。

このキャラを得る/完凸して得るものは何?

スポンサーリンク

5つの自問自答して、課金したければ全然していい

ここまでいろんな自問自答をしてきましたが、結果として課金をするという結論に至っても、何にもおかしなことではありません。大切なのは、5つの自問自答により一旦冷静になった上で決断した課金であるという自覚が持てることだからです。

先程9月にドコモから送られてきて私の脳内に戦慄が走った「利用高額」ショートメールですが、実はその後年明けて2月にも送られてきています。

架空請求ならよかったとかいう泣き言はもう言わない!

しかしこれが送付されてきたとき、私は動じませんでした。お察しの通り「バレンタイン」関連での課金なのですが、以下の通り自分で納得した上で課金したからです。

このカードは完凸させたい。推しだし、作画もいいし、バレンタインだし、スコアアップ系でユニットへの貢献も期待できるから。【自問自答その5】

完凸までの予算は●万円にする。無凸だろうが3凸だろうが●万円で終わる。ただし予算の50%を超えた段階で1枚も出ていない場合は、完凸を諦め1枚出たところで終了する。1枚も出ない場合も●万円以上は出さない。【自問自答その1,2】

このカードを完凸するために●万円を使うけれど、仮に1か月後にサービス終了告知がされても後悔のない金額である。【自問自答その4】

バレンタイン企画があるのはわかっていたので、1月から課金は控えてきた。今月はまだ他のゲームも含め課金額がゼロなので、収支バランス的にも問題がない。【自問自答その3】

ちなみに●万円使って完凸を目指しましたが、結果は1枚及ばず3凸に終わりました。

最後の1枚が出ないという完凸目標者にとっては悪夢みたいな結果ですね。私が事前にこういった自問自答をせずに課金をはじめていたら、おそらく「あと1枚なのに出ない」とむきになり、勢いで身の丈以上の課金をして再びドコモさんからのメールに絶望していたと思います。

後悔するかしないかは、自分自身の中で納得しているかしていないかに尽きます。これは課金に限らず、様々な人生選択の中で言われてきていることですね。

課金に疲れて推しから離れなければならないというのは、オタクとして一番つらい結末だと思います。皆様のソシャゲライフが少しでも楽しいものになりますように。

ソシャゲ
スポンサーリンク
本宮ゆにをフォローする
ワーク・(オタク)ライフ・バランス