アラサー女が4年ぶりに歯医者に行ってきたから記録に残しておく

独り言

オリンピックかよ、というツッコミ待ち・本宮ゆに(@yu2_motomiya)です。タイトルの通り、先日実に4年ぶりとなる歯医者さんへ行ってまいりました。

間が空けば空くほど行きづらくなるよね。ネットで「歯医者 ●年ぶり」とか検索して余計に怖くなったりするよね。たぶんこの記事読んでる人は、そんな過去の私みたいな人なんじゃないかな?と思っていたりする。

その人の歯磨きスキルや、歯医者さんの評判に左右されるところはあると思うので補足はいれますが、体験談はいくつあってもいいと思うので私も書きます(`・ω・´) 同じように悩んでいる人の背中を押せる記事になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

4年ぶりの歯医者結果:歯石、虫歯1本、歯茎炎症

理由は後述するけど、最後に通っていたのが子ども歯科だったので今回の歯医者さんは初めて。初対面で4年ぶりの口の中を見せることになって非常に申し訳ない思いでいっぱい。せめて覚悟を(?)しておいてほしくて、予約時の電話で「4年ぶりの歯医者さんなので、検診をお願いします」とハッキリ伝えておきました◎

来院して受付に行くとまず問診票の記入。そんなに困る質問はなかったかな。(最後の歯医者はいつ?の回答欄に「●ヶ月ぶり」だけでなく「●年ぶり」の記入欄もあったのが凄く許された感あって嬉しかった)

日常的に飲んでいるお薬がある人は、お薬手帳の提示を求められると思うので、用意していくといいです◎

処置の流れは①状態チェック→②お掃除

治療室に通され、まずは歯の状態をチェック。先生が「1番よし、2番よし…」と、学校の歯科検診でよく聞いた感じのリズムで見ていって、それを歯科衛生士さんがメモしていました。

口の中を一周すると、次は歯茎のチェック。ちょっとするどい器具で歯茎に触れて(するどいけど別に痛くないよ)、たぶん出血の感じを見ていたんだと思います。これは歯科検診では(少なくとも私の時代は)なかった気がするけど、似たような感じで口の中を一周。こちらは数字で評価していたようです。

で、結果。「歯石がかなりついていて、虫歯が1本あり、歯茎は炎症している。歯肉炎と歯周病初期の間くらい」という感じ。

今後の治療方針は以下の通りになりました。

歯石:しっかり取りたいから今日は下だけ。次回上。

虫歯:次回上の歯石をとった後、そのまま治療

歯茎:歯石をとって歯磨きをちゃんとすれば、健康な状態に戻る

そのまま下の歯の歯石をとってもらいました。半分しかやってないのに30分くらいかけてお掃除してくれてたと思う。ネットをざっと検索したら、定期的に検診に行っている人は上下合わせて15分とかで終わるらしいので……本当……先生ありがとう……。

虫歯だとおもっていたものが歯石だった衝撃

歯に小さな黒いぶつぶつが見えていたので、歯医者さんへ行く前は「これ小さい虫歯たくさんあるだろうな~いやだな~」なんてブルーになっていました。「放っておいたらひどくなるからいい加減歯医者行かなきゃ」と思った一方で、今まで虫歯ゼロだった謎のプライド(?)から「虫歯だって宣告されるのやだな~」って思ったりもして。

で、先生に聞いたら私の歯についている黒いつぶつぶは「歯石」だった。びっくりだよね。歯石って白っぽい、歯にこびりついてるやつじゃないの?って思うよね。

なんでも歯茎の中(歯周ポケット?)にたまる歯石は黒っぽくなるんだそうだ。で、それが露出しているというのは、歯茎が若干下がってしまっているからなんだと。うげぇ。

もし私みたいに「え、これ全部虫歯?」って思って歯医者さんへ行くの尻込みしてる人がいたら、そうとは限らないみたいだから胸張って(?)歯医者さんへ行こう。むしろ単純な虫歯よりひどい歯周病の方が厄介らしいから、早めに対策した方がいいと思う!

虫歯の治療方針聞くの忘れた

先生は歯の状態チェックしてるとき、「虫歯は右上に1本あるね。ちょっと(器具が)引っかかるんだよ」と言ってて、そのまま「次回治療しようね~」「お願いします~」で終わったんだけど、よくよく考えたら次回どんな治療するの?って帰宅してから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしてきた。

でも冷静に考えて、 ①痛む沁みるはない ②抜歯だの詰め物だのの話は一切されてない ③黒いとか穴がとかでなく「引っかかる」 ④次回治療で問題ないとされている から…大したことないやろな!大丈夫やろ!って自分に言い聞かせてる……www

次回ッ!夕方予約の空きが少なく2週間後ッ!治療終わったらまた記事書きます。

2020/01/15追記

2週間後に治療に行った結果、治療したのかすらわからないくらい一瞬で終了。別記事にする価値もないレベル(笑)。とても小さな虫歯だったらしく、ちょっと削ってちょっと詰め物を流し込んで固めただけ。

奥歯めがけてドライヤー突っ込まれてるような感じになるシーラント?とかいう虫歯予防の処置よりよっぽど楽に終わった。

スポンサーリンク

本宮ゆにの歯周辺スペック

さて、ここまで読んで「4年ぶりの割に結構軽傷じゃね?」と思った人もいると思います。私自身も(今まで虫歯ゼロだったので)虫歯1本は正直残念ですが、それでも大事にはならなくてよかったなと思っています。

で、実際の結果は「歯医者空白期間の個人差」によって変化することが多いと思うので、本宮のスペックを歯関連に限定して書いてみました。参考になれば。

最後の歯医者は?

4年前の子ども歯科。着脱式の矯正治療をしていたから、本来なら中学生で卒業する子ども歯科なのに25になるまで通うことに(笑)。高校から矯正開始して、大学は地元を離れてしまったので通院間隔が年1とかになってしまって、それで伸びちゃった感じ。

その時点で虫歯は1本もなし。抜歯の経験ももちろんなし。非常に健康的。(だった)

歯医者にいかなかった理由は?

あ、これ問診票できく歯医者さんはいないと思う。私が勝手に言い訳したいだけだから書く(笑)。

4年前はうつ病で絶賛休職中・絶賛引きこもりだったんだけど、矯正治療を無理やり終わらせるために家族に引きずられて歯医者へ行ったんです。それが最後。

1年半はろくに動けなくて、社会復帰したあとも毎日仕事に行くだけで必死で、最近やっと余裕が出てきてダイエットとかいろいろやりだした。その一環で歯医者にもいい加減行った方がいいな、と。まぁ普通に間があけばあくほど歯医者は行きづらいよね。

歯磨き事情

毎日。朝食後と夕食後のみ。道具は普通の歯ブラシのみ。

糸ようじ?フロス?歯に何か挟まっちゃったときに爪楊枝代わりに使ってたよ。(つまり挟まらなければry)

ただ3年くらい前のうつ病の不眠症がつらかった時期、夜中にコンビニ飯大量に平らげて血糖値バクアゲ→そのまま落ちるように爆睡(歯磨きなし)とかを1年くらいやっていた過去がある。絶対によくない。

今回の4年ぶり受診から、2日に1回糸ようじをするようになった。綺麗な状態だとやる気でるよね。

本宮の歯磨きスキル

多分「うまいわけじゃないけど普通レベルではある」だと思う。

定期的に歯医者さんへ行っていた時(半年~1年間隔)も、「虫歯はないけど歯肉炎っぽいね」とよく言われていました。

歯茎を炎症させないためには歯石を残さないことが大事なので、もう少し丁寧に歯磨きしないといけないんだろうなぁと思っています。

スポンサーリンク

まとめ:最近の歯医者さんすごいから、久しぶりな人も勇気だして行こう

いや、私が幼稚園から(成人後まで)通っていた子ども歯科からいきなりワープしたからってのもあると思うけど、最近の歯医者さんすごいよ。

個室だし、電動フルフラットシートだし、美容院みたいに顔にガーゼかけてくれるし、なんか横に口ゆすぐ自動水汲み機?あるし、すごい!!※院によります

汚い口の中見せるなんて…と後ろめたくなる気持ちもわかるけど、相手はそれが仕事だし、もはや慣れっこだと思います。

もしそれでも歯医者さんに後ろめたい気持ちがあるのなら、これを機会にしっかり治療してお口の中をリセットして、定期的に検診とクリーニングに通う常連になったらいい!患者さんが増える(しかもお口が綺麗になったならクリーニングだけだし)のは歯医者さんにとってもプラスだよね。

放っておいたら今より悪くなることはあっても、よくなることはほとんどないからね。

毎日「歯医者行かないとなぁ…」ってぼんやり考えるのって相当ストレスだと思うので、そのストレスから解放されるためにも、勇気を出して予約の電話をいれよう(´・ω・`)