【ネタバレなし/あり両対応】「天気の子」感想~空を見上げて思い出す

映画

仕事後そのまま映画館へ走りました、本宮ゆに(@yu2_motomiya)です。しぬほど楽しみにしていた新海誠監督の最新作が本日封切となりました。ちなみに過去の新海作品で一番好きな映画は「言の葉の庭」です(*´ω`*)

この記事では以下の方向けに分けた感想を書いていきます。

  1. 「天気の子」を見るか悩んでいて、ネタバレなしで見る価値があるか知りたい人
  2. すでに「天気の子」を視聴済みで、既に見た人間の感想を読み漁りたい人

前半ネタバレなし、後半ネタバレなしで構成しています。見出しに明記して分けますので、自分が視聴済みか否かで、目次を活用して該当箇所へ飛んでくださいね。

※2019年7月19日現在、小説未読です

スポンサーリンク

【ネタバレなし】「天気の子」最高だったのでプレゼンさせて

6月下旬にあったコナンのキッド様ナイトで流れた予告が信じられないことに①のままだったので、もし短い予告①だけ見て「今回の映画微妙かもな」と思った(私のような)人はぜひ予告②も見てみてほしい。全然違う。Youtubeのリンクを貼っておくね。

映画『天気の子』予報②

はい。予告すげーやべー!鳥肌やべー!と思った人はこんなブログ見てないですぐにチケットを買ってください。大丈夫です。予告以上の衝撃が本編にはあります。

「君の名は。」の期待?バッチリ応えてます

前作の「君の名は。」が200億円超えの社会現象になって老若男女問わず多くの人が見ていると思うので、なんとなくそれを期待して見ようかな〜と思ってる人多いよね?

  • めちゃくちゃ綺麗でリアルな背景美
  • 雨や水の表現
  • 挿入歌とリンクする画面の動き
  • 壮大なテーマ

ぜーんぶきっちりバッチリ、期待していってOK。

背景綺麗すぎてマジで写真かと思う。今回の個人的なオススメは道路の白線。無駄にリアルすぎるiPhoneも健在。雨の表現にいたっては写真通りこしてもはや実写動画。

挿入歌とのリンク、予告編がクライマックスだと思うだろ?見てびっくりやで。あのシーンのためだけに、考察整理もしていない状態で今すぐもう1回映画館に駆け込みたいくらい。

壮大なテーマだけどリアルに感じられるのが新しい

私が一番好きな過去作の「言の葉の庭」は、壮大なテーマというより本当に「どこかにリアルにいそうな2人をそのまんま切り取ったラブストーリー」でした。

「君の名は。」は、「2人の男女が入れ替わる」というある種ファンタジックな設定を存分に生かしてラストも壮大に終わりました(一応ネタバレに配慮)。

「天気の子」が「君の名は。」と違うのは、100%の晴れ女なんてファンタジックな設定なのに、劇場を出た後空を見上げると「もしかしたらこの天気って…」と、私たちの日常でどこかリアルに信じたくなるような不思議な力があること。

扱っているテーマが「天気」と身近でなこともそうだけど、映画を見ていると「本当にこんなこと今後起きそうだなぁ」なんて思いも出てきたりします。実際「雨が止まない」ではないけど、異常気象は多くありますしね。

新海監督のリアルでインスタ映えならぬ全力スクリーン映えする作風も影響しているかと思いますが、ちょっと完全なフィクションとして距離を置くことができず、胸がざわつきます。

学生はど直球におすすめ、大人も楽しめる理由は脇役達

ネタバレなしで簡単にあらすじを4行で言うと、

  • 雨が病まない東京で、家出少年が100%の晴れ女と出会い、
  • 少女の力を使って沢山の人を幸せにしたけど、
  • なんやかんやあって少女と離れ離れになってしまい
  • 少女にもう一度会うために少年が必死にもがく!

という感じ。主人公は少年少女の2人で、挿入歌「愛にできることはまだあるかい」というように、等身大だけど眩しすぎるくらいの愛の物語です。

年相応の2人の仕草や無垢さが前面に出ていたので、同世代の学生さんはめちゃくちゃ楽しめると思います。

で、我々大人はじゃあ「若いっていいなぁ」とそれを見守るだけで終わるのかというと、この映画は決してそんなことありません。

予告編だと伝わりづらいのですが、脇役たちがとてもいいキャラをしており、性別・年齢・置かれた状況等が全然違います。名もなきキャラたち(野次馬的なモブも含む)が私たちなんだなぁと思うこともありました。

性別年齢関係なく、本当にいろんな人がそれぞれの視点で見ることができる映画です。

以下からネタバレの文章になります。

未視聴の方はここでお別れです。ぜひ見にいってくださいね!

スポンサーリンク

【ネタバレあり】ラストの解釈

さて、ここから先はネタバレありの文章になりますのでお気を付けください。

私は考察というものがそもそも大の苦手で(なのに趣味が名探偵コナン)、ましてや1度しか見ていない映画となると中身ある感想言えるか本当に不安なのですが…今後2回目を見たり思いつくことがあれば後から追加しますね。

結局●●は○○○?という疑問

Twitterをざっと検索しただけでも、いろんな学問や文学の切り口から考察がされていますが、私は残念ながらそこまでの教養はないので、1つだけに絞って書きたいと思います。

陽菜は、ラストシーンでまだ晴れ女だったのか?

私はてっきり、陽菜が消えてしまい彼女を助けにいくために帆高が鳥居をくぐり、あの龍のようなものと一戦交えた(?)とき、帆高が「100%の晴れ男」になったのでは?と思っていました。

でもラスト、陽菜と帆高が再会するシーンで、晴れるんですよね、空。あと、なぜかあそこだけ桜が咲いている。3年間雨が降り続けて東京がヴェネツィア化してしまっているのに、桜が咲くなんて普通に考えればありえないですよね。

でも逆に、陽菜があそこで毎日あんな風に祈るのが日課だったとしたら3年も無事でいるとは思えないし…。

小説を読んだ人によると、小説では晴れたという描写はないそうです。そうなると、別のカラクリがあるのかもしれません。

巫女云々って出てきたから、帆高が晴れ男説は難しいのかもしれないねw

おまけ…○○が可愛いのと提供

先輩が可愛かったよ〜ていうか帆高くんが「先輩」ってナチュラルに呼んでるのがめちゃくちゃシュールだったwww余裕ない緊迫した場面でも普通に出てくる呼び名だから相当普段から読んでるんだねw

てるてるぼうずゆるキャラのグッズほしいなあ。頭でっかち可愛い。

そしてチキンラーメンとか自販機とかローソンとか、ボカしてない企業や商品はスポンサーってことだよね。リアルさが増すので私は最高に好きです。

誰かがYouTubeに「天気の子飯」をあげてくれるのを待っていますw