「世間体の保険」という考え方~私が社会保険労務士を目指す理由

オタクの仕事

あわよくば社労士試験に受かりたいと思っている本宮ゆに(@yu2_motomiya)です。

あ、三足の草鞋で取得を目指している国家資格は社労士です。いずれカミングアウトするつもりでしたが、微妙なタイミングになりました。

弊社の顧問税理士さん(おじいちゃん先生)に「頑張ってね」って言われたからいきなりやる気出たとかそういう理由じゃないです。嘘です。そういう理由です。

目指す理由は大なり小なりいろいろあります。

  1. 今の会社に「とってくれたら嬉しい」と言われている
  2. 過去現在の業務内容に地味に関わっている
  3. なんとなく手に職つけておきたい

これでだいたい網羅できてるかな。

スポンサーリンク

今の会社が社労士資格を「とってくれたら嬉しい」理由

単純に、何百万という単位で経費が浮くから。

いわゆる「社労士」という資格がないとできない諸々の手続きとかあるわけです。会社の方で書類を完璧な状態にして、社労士事務所はハンコ押すだけでも、1件いくらとかとられるわけです。入れ替わりが激しい会社だと大変ですね。

いい商売だなぁ。笑

そんなわけで社員に社労士がいたら便利ですよね!

もちろん合格したら給料交渉はするつもりでいますが(笑)メンタル的に不安を抱えていた当時の私を拾ってくれた恩返しができるならいいなと思っています。

スポンサーリンク

私が経験のある社労士に関わる実務

ぶっちゃけ一番メインの科目(というか厄介な科目)が年金とか健康保険の社会保険科目だと思うんですが、私はそのへん一切タッチしてきていません。

前の会社では事務手続き代行というよりは労務トラブル処理とか、いわゆるコンサル業務が主でした。どちらかといえば社労士になって自分の事務所を構えてから生きてくるスキル。
科目で言えば労災とか労基法ですね。

でも好きな分野ですし、なにより税制度と一緒で知ってると知らないとで雲泥の差になると思うんですよね、年金制度。

だから細かい数字暗記とかは頭は抱えたくなりますが(実務では表を暗記している必要はないわけですし)、制度の勉強自体はとても楽しかったりします。

スポンサーリンク

なんとなく手に職つけておきたい

はい、何も言わないでください。まだ何も言わないで。笑

予想される批判1:社労士はつぶしがきくと本気で思ってるのか?

思っていません。

社労士に限らず士業は現在、資格があるだけではとても食べていけないことは理解しています。血のにじむような営業や人脈・スーパーコンサル力が必要なのもわかります。

私が手に職をつけたい理由は、自分の報酬の保険ではなく世間体の保険のためです。東京だと全く気にならなかったんですが、田舎は本当に凝り固まった古い価値観がすごいです。

面倒くさいんですよ本当に。大学で上京して一旦都内で就職(しかもみんなが知ってる会社)したから余計に。

結婚しないの?

早稲田出て何してんの?

本当にうるさい。

でも逆に、一定のステータスがあれば黙ります。(とてもちょろい)

「合格率約6%(2018年度)の国家資格持ってる」と言えばそれだけで何も言ってこない。言ってこないどころかすごいすごいともてはやしてくれる。

すごいよね…顧問社労士事務所の人よりよっぽど弊社経理の方が知識もあるし仕事も性格なのに資格のあるなしでこんなに違うんですよ。本質は見落としたくないですね。

メンタル強い人だったら周りの声なんぞ気にせずにゴーイング・マイ・ウェイできると思うんですが、私にはできません。

勉強して周りを黙らせられるステータスが手に入るなら喜んで勉強します。ここが私の「夢見がちリアリスト」たる所以です。びびりなんです。

予想される批判2:あわよくば社労士なんてナメてるのか?

ナメてる自覚はあります。

実際ここのところほとんど勉強できていません。だから受かりません。(記念受験すらしていないんだけども)

あわよくば~なんて思ってる間・必要に迫られていない間はこのまんまなんだろうな~と思っていました。ブログの更新も始めたことですし。

スポンサーリンク

税理士の先生に社労士資格勉強について激励されたよ

そんな中本日、現在在籍している会社の税理士さん(70近いおじいちゃん先生)から激励の言葉を頂きました。

激励の言葉といっても、総務向けに確定申告の変更点(特別扶養控除の件)を教わった後に、雑談で話が出ただけだったんですが。

私は経理担当ではないので、税理士さんとは挨拶するくらいで話したことはありませんでした。今回直接お話を聞くことができて個人的にわくわくしていたくらい。

税理士先生
税理士先生

社労士の資格の勉強してるんだってね?どこか学校へ通っているの?

正直なところ、ドキリとしました。最後に参考書を開いたのは3ヶ月くらい前だからです。

経理の大先輩が「講習は行ったりしてたよね」なんて助け船出してくれたりしましたが、私はあわあわするだけでした。

税理士先生
税理士先生

我々みたいな試験だと論文だけど、確かマークシートなんだよね?
難しいんだよね、覚えることも多いし引っかけも多い。

天下の税理士で70近い大ベテランがですよ。こんなこと言うわけですよ。

税理士先生
税理士先生

まだまだ若いからね、焦る必要はないけど、今のうちに頑張っておいたほうが楽だよ。がんばってね。

おじいちゃーーーーーん!!!!!!!(失礼)

なんかぐっときてしまった。なぜかはわからないがぐっときてしまった。

スポンサーリンク

ピグマリオン効果で生きてきたから単純にやる気出た

そんなわけで頑張ります。

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。なお批判者は心理学用語でのバイアスである実験者効果(じっけんしゃこうか)の一種とする。ちなみに、教師が期待しないことによって学習者の成績が下がることはゴーレム効果と呼ばれる。近年の研究では、ピグマリオン効果と心理の因果関係はないとされている。

ピグマリオン効果 – Wikipedia 2018/11/19参照

まぁ勉強が続かない理由に体調不良を言ったら負けだと思うんですが、とりあえず5分でもいいから毎日続けることをまず目標にします。

私いま28歳だから、あっという間に30になっちゃうんだよなぁ。あっという間に「まだ若いんだから」と言える年齢は過ぎ去ってしまう。

やりたいことは腐るほどあるから、毎日少しでもいいから行動にうつしてタスクを消化していきたいです。